読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

わたしのおもちゃ箱。

しっちゃかめっちゃかな、わたしの頭の中。

【自分語り】京都生活が始まりました。

おひさしぶりです。

前回記事を書いてから約2ヶ月半。

 

やっと再開する元気が出ました〜〜〜〜!

 

 

....え、待ってないって?

 

でも、大学時代のかわいいかわいい後輩から、

「Sakiさ〜ん、もう書かないんですか?」

って言われたので、書きますよ♡

 

書きたいことはいっぱいあるけども、

ちょっとややこしくて面倒なので、

 

まずは、自分すらよくわかっていないこの2ヶ月半を箇条書きしてみようと思う。

 

 

この2ヶ月半に起こったこと。

 

5月

・ヴィパッサナー瞑想合宿@台中に参加

・合宿終了後に「やりたいことはこれだ!!!」とひらめき、帰国決意。即1ヶ月後の飛行機予約。

・帰国したら京都にいくことに決める。なんとなく。

 

6月

・仮住まいのゲストハウス予約。

・アルバイト先(やりたいことにつながる)がスカイプ面接で決まる。

・いろいろ挨拶回り

・末に帰国。

 

7月

・アルバイト開始。

・住むところ決定。

・なんかレイキのアチューメント受けた。セルフセラピーカード買う。

・アルバイト先で、9月くらいからガッツリ働くこと決まる。

 

 **********

 

ちなみに、これでかなり省略してます。(!!!

 5月末から流れに乗りに乗ってるんですよね。

 

 

つまり、

 自分がやることを明確に定めてから。 

 

 

正直、私は強運の持ち主なんだと思う。笑

自分で言っちゃうけど。笑

 

 

 

でも、ね。

今回のそれは、やっぱり覚悟決めたからなんだよね。

 

 

 ハラをくくる

覚悟を決める。 

誰に何言われようとも、自分が思うように進むとハラをくくったからで。

 

ほら、上の赤で書いた部分。

 目に見えることを大事にする中で育ってきた私にとっては、ありえないようなこと。

 

台湾にワーホリに行く前は、

やりたかったけど、やらなかったこと。

 

 

私は怖かったんだよね。

 

本当はマクロビってずっと興味あって。

それを料理作ってもいい、何してもいい、年取った後にやりたいな〜って思ってた。

 

 

でも、なぜ、それはでない?

 

・そんなことやっても生計なんてたててけない。

・まず、勉強するのにお金かかっちゃう。

・みんなドン引く...。

・家族、親戚はどう思うか.....。

 

 

そんなの気にしててもしょうがないじゃん!!!

全部起こってもないのに!!!

 

 

と、パカン。笑

 

そして、結局なんとかなっている今があるんだよね。

 

不思議よね。

 

いや、当たり前か。

 

 

これから、やること。

 

だれも見てないここでだけども、宣言しておく。

 

私は、

 

わたしの周りの人が、

自分らしく生きられるお手伝いをする。

 

3年以内に、形にする。

 

 

・心理学(NIP、コーチング)

・マクロビ(望診法、陰陽五行、調理)

・レイキ(アチューメント含む)

 

 今のところ、この三つが組み合わさって形になる予定。

だけど、流れによって変わるかも?未定。笑

 

なんか中国語講座とかもやってるかも。笑

 

 

 

そして、覚悟決めたって言ったけど、

やっぱりまだいろんなブロックがあるのよね。

 

ひとつづつ、見つけて手放す作業を、一個一個大事に続けています。

 

 

これから、私はもっともっと綺麗になるし、

もっともっと、自由に、ゆるっと生きて行く。

 

そう、決めてるから。

 

 

 

さあ、京都生活、これからもゆる〜っと楽しむぞ♪

眠れない?睡眠時間とインプット/アウトプットの関係【GW2016】

f:id:crscnt02:20160505075252j:plain

 

日本ではゴールデンウィークで最大10連休だそうですね。

台湾だと、もちろんそんな連休はなく、「あー日本人多いな」という感覚のこの数日。

 

今週のお題が「ゴールデンウィーク2016」だそうで、台湾からですが、便乗してちょっと書いてみようと思います。 

 

ちなみに私のゴールデンウィーク初日は、バイト帰りにスマホを見ながら歩いていたら、標識に思いっきり頭をぶつけてはじまりました。

 

普通の立ってるタイプの標識で、手も足も当たらず、細いパイプにおでこをぶつけたという奇跡。

まだ、おでこが痛い。

 

 暗くて、パイプがよく見えなかったのです....というより、歩きスマホをしなければいいのよね。笑

....ああ、恥ずかしい////

 

思考するし動くGWのようです

本題ですが、私にとってのGW2016はアクティブなもののようです。

 

と言っても、どちらかというと実際の体もですが、頭の中の方がアクティブです。

 

この数日間、実は寝られないんです。

今日も途中までごろごろ、午前3時には起きました。

途中で数時間仮眠って感じ。

 

1日7時間は寝たい私が!

基本は朝型な私が!

 

何かしたくて、ワクワクうずうず。

ブログも、しばらく書けなかったのが嘘のように、頭からいろんなものが出たがってる。

まあ、言語化には時間はかかるけども。

 

今日もお出かけして喋って喋って喋って、さらには帰ってブログを書き綴っているのかな。

 

....うん、そんな気がする。

 

アウトプット期間

書きながら気がついたんですが(このパターン多いです。笑)、しゃべる書くって両方ともアウトプットですよね。

 

多分睡眠時間が少なくて足りるのは、アウトプット期間だからかもしれません。

 

インプットの比重が大きい時は、入った情報を整理しないといけないから睡眠時間が長くなり、

アウトプット比重の大きい時は、睡眠時間が短くなるそうな。

 

よく比較されるのが、アインシュタインとエジソン

 

アインシュタインは1日10時間眠っていたそう。

日がな考えて考えて、頭がフル回転だったんでしょうね。

=インプット型

 

エジソンは割と睡眠時間が短かったようです。

考えるよりやってみるという実践タイプだったのかも。

=アウトプット型

 

私は、これまで基本的にインプット比重の方が大きかったので、アウトプットの比重が大きくなるってのは不思議な感じ。

 

ある方には、

「インプットはかなりして、少なくないキャパがいっぱいになってるみたいよ。

アウトプットしないと、入ってこないよ」

とのアドバイスを今年初めに頂いていたので、これはこれでいいのかもしれない。

 

アウトプットいっぱいすれば、またいっぱいインプットできるってことですしね〜♪

今日は勢いに乗って、多分いっぱい更新します。笑

ただ、新たに書くものもあるかもしれませんが、数記事、以前別ブログで書いていたものを大幅改稿して、というかほぼ書き直して載せます。

 

ADHD、WAIS-Ⅲについての記事です。

必要な方は必要な記事だと思うので、今の私の考えを入れながら、書いていきますね。 

 

恋愛とブロックと勇気と。

真夜中にこんばんは。Sakiです。

文章を書きたい欲求が渦巻いてます。

ただ、うまく出てきません。

いつものことです。笑


とりあえず、暑くて寝れないので、最近気付いて唖然としたこと。


いつの間にか恋愛に対してブロックしていた?!

やー気づいてなかったのですが、していたみたい。


私事ですが、去年に彼氏と別れてフリーです。

まあ、別れる前にいろいろあって人生観変わったし、生き方の違う人だったのでしょうがない別れです。


それから10ヶ月経ちました。

別れる頃に、ある方から

「出逢えないって思っちゃダメだよ、本当に出逢えなくなるから。」

って忠告を受けていたので、

「出逢える時に出逢えるんだ〜」と考えていたつもりでした。


でもちがったようです。



ちょっと前に恋愛観に関するブログを読んでた時に、久しぶりに「恋したいな」って思ったんです。


そして、そろそろ恋愛してもいいのかな、ってちらっと考えたんです。


え、私、恋愛しちゃダメだと思ってたの!!!!?????


ちらっと浮かんだ考えに、自分でびっくりしました。

よくよく考えると、私の考えてる「出逢える時に出逢えるんだ〜」って

「今」が入っていなかったようです。苦笑


恋愛をする自分を許すこと。

今、いろんなことに関して、自分を認める、ということを繰り返しています。

それと、ずっと心にあるブロックを優しく外して、許してあげる、ということもしています。


恋愛すること。

人を、愛すること。


私、誰かと付き合った経験はありますが、まだ、人を愛するということに、怖さがあります。


「嫌がられないかな」

「こんな私を好きになってなんかくれるのかな」


この根本には、本当はこの不完全な自分を愛されたいって願望があって、さらに誰かを愛したいって願望もある。

ややこしいね。


でも「恋したいな」って思えたってことは、愛し愛されることに対して、少しブロック外れたのかしら。


自分、そのまま、恋をしよう。

ほんの一握りの、勇気を持って。

サバイバルできる系女子を名乗ってみる。【文章迷走中。】

(文章迷走中。矛盾あり。読みづらさMAX。)

道端に生えたつくしを見て、

f:id:crscnt02:20160504045232j:plain

「あ、採って帰って、佃煮にでもしようかな」

と考え、


亀の手を見て、

f:id:crscnt02:20160504045246j:plain

「あ、採って帰って、お味噌汁の具にしたい」


なんて思う、25歳女子がどれくらいいることか。

.....もちろん、いるにはもちろん居るんだろうが。


食べれるって知ってて、調理法を知っている人はいっぱいいるだろう。

でも、=食べよう!とまで考える人は?....かなり減るのではないか。

少なくとも、私の短い人生の狭い範囲の中ではあるが、その中ではかなり少数派である。


山に放り出されても、ある程度、なんとか生きていけそう。

我ながら、時々思う。


海に行っても山に行っても、どこかに「食料」という視点がある。


海の岩場は、食料の宝庫。貝とかナマコとか岩のりとか。運が良ければウニとかサザエとか。

紅葉したイチョウ見て、「あー秋だな、綺麗」と思いながら、もう少しで銀杏が取れると考える。


人間、生きるためには食べなきゃだから、生命力があるってこと!と父に言われた。

なるほど。


名付けて、サバイバルできる系女子。

.....可愛くはないな。笑


自然と親しみ育つということ

きっかけは、生育環境だとしか言いようがない。

とんでもない田舎ではないが、山にも海にも簡単に行ける程度には田舎だった。

旅行もほとんど海か山だった。

また、小さいけども草ぼーぼーの庭があったのもあるかもしれない。


おかげさまで海から山からさらには庭からも(!?)食料を調達し、自然の恵みを受けてすくすく成長した。

おまけに、自然の中で遊ぶ術と、自然療法なんかの知識もちょっと入れた。


....そして見事な野生児になった。



ただ、書きながら思ったのが、これ、ひと昔前だと当たり前のことではないか、ということ。

少なくとも、私たちの親の世代くらいまでは....。(自然療法は別として。)


自然と人間のあり方

土地の開発が進み、自然と触れ合うのが非日常になった。

遠足で山海へ行くと、動植物を「観察する」ようになった。

環境問題が発生、「自然を守る」という言葉が「できた」。

自然と食卓が遠いものになった。


自然とは、余暇に「行き」遊ぶ場所。

自然とは、保護対象。


そんな中で、自然と人は少しずつ切り離されたものになったのだろう。あるいは関わり方が、変わったというべきか。

いや、依然として、人は自然に生かされているのだから、人の「自然の中で生きる」という意識が希薄になったというべきかもしれない。


別に誰かを批判するつもりもない。

ただ、自分の考え方と他の人と、根本は何が違うんだろう、と考えた先がこれだっただけである。


私は、自然の中で私たちは生きている、自然から食べ物を得るものだと考えている。そして、中途半端ではあるが、その知識がある。

そうでない人にとっては、その体感が希薄なのだろう。知識があっても、それが腑に落ちているわけではない。ただの余暇活動であったり、など。


私たちはもともと、自然の中で採取し、狩りをし、生き生かされてきた。


生きることは、食べること。


別に、山菜などを採取して食べることを勧めるというわけではない。

いろいろとうるさい時代でもあるし。


ただ、「自然の中で生きる。」

その「生きる」ということについて、古代からの営みについて、GWの暇をもてあます人は考えてみても面白いかもしれない。


何度も読み返した漫画

蛇足。

多分、わたしのサバイバル能力を底上げしたのは、この本だろう。

本多勝一のこんなものを食べてきた! 小学生の頃

本多勝一のこんなものを食べてきた! 小学生の頃

  • 作者: 堀田あきお,堀田佳代,本多勝一
  • 出版社/メーカー: 朝日新聞社
  • 発売日: 1999/04
  • メディア: コミック
  • 購入: 1人 クリック: 1回
  • この商品を含むブログを見る

叔父さんからもらったもので、面白くて何度も読み返した。

正直、今読み返したい。

作者が戦時〜戦後にかけて食べていたものを描いてある漫画だ。

そしてこの中に載っているので見つけたものは結構試した。

あゝ、懐かしき日々。

【ひとりごと】アウトプットは、自分の思考の海に入り込み、掬い出す作業である。

こんにちは。Sakiです。

今日は独り言。

私が意識せずに文章を書くと、基本的にやたらとややこしい言い回しが多くなるなと、改めて思った。




前回記事を更新してから、はや10日以上。

難しく考えすぎて、書けなかった。

一番初めの記事に

「制作人・Sakiがその日書きたいと思ったものを書いていくブログ。

誰かが見てくれればいいし、見てくれなければ、それでもいい。」


って自分で書いている割に、「人に見せること」を意識しすぎていた、自分。

crscnt02.hatenablog.com


確かに、人に見てもらいたいという欲はある。

補聴器の記事のように誰かに紹介してもらえるなんて、感動ものである。

crscnt02.hatenablog.com



でも、それを、それだけを、するが為に始めたわけではない。


商業利用の為に書いているわけでもない。


あくまでアウトプットするためもの。

自分の頭の中を軽くするためのもので、副産物的に、他のだれかが読んでくれればいい。

考えすぎて、書けないのなら、それでは元も子もない。


文字によるアウトプットというのは、私にとってある意味、自分との対話でもある。

自分は何を話したいのかアンテナを張り巡らせつつ、自分の思考の海に沈む。

そして、自問自答しつつ、思考の海から必要なものをすくい上げ、さらに言語化していく作業。


もっと簡単に軽やかにできる人もいるのだろうけども、私はこうなのだ。

ameblo.jp


だからこそ、人に伝えようとすると、


ひとつひとつの言葉を、

意味を持って、

大切に選んで、

丁寧に扱おうとするのだろう。


そんな自分は嫌いではない。

まあ、そういうわけだから、結局はもう少し独り言仕様にしても、時間はかかるわけだけども。


しょうがないから、人に伝えることを意識しすぎずに、やっぱり「その時書きたいものを」書いていこう。

ゆっくりと。


それでいいんだ。

謙虚さは時代遅れなのか? 〜「謙虚」という言葉を考えてみる〜

おはようございます、Sakiです。


f:id:crscnt02:20160420101904j:plain


私はここ最近、やはりあまり寝くならない時期のようです。笑

そうかな〜とは思っていたのですが、今はインプットよりアウトプット期間のようですね。

(ちょっとインプットしたな〜と思う時は眠くなりますが....)


とりあえず、考えたことを出していこうと思います。


最近、「謙虚さはいらない」という言葉に対する、自分の結論が出たので書きます。

自分に謙虚さがあるかどうかというのは棚に上げています。

長文です。


謙虚さはいらない?


ここ最近自分でブログを書くようになった関係もあり、いろいろな方のブログを目にするようになりました。

自分がその方面に興味があるので、心理カウンセラーやセラピストの方のブログを見ることも多いです。

個人で開業、アメブロでも多くの読者さまを集めているも多いです。


最近よくあるのが、自分を好きになる、自信を持つ、ということです。

(それはそれで正しいと思っています。個人的には自分を認めるという解釈をしています。)


その中で気になったのが、たま〜〜〜〜〜に見かける「謙虚」に対する否定の言葉でした。

ちょっともや〜っとして気になっていたのですが、結論から言うと、謙虚さはやはり必要だということにたどり着きました。


というよりは、「謙虚」ということの捉え方の違いかもしれませんが......。



そもそも「謙虚」とはどういうことか?


日本では昔から「謙虚は美徳」といわれてきました。

かくいう私も、「謙虚に生きなさい」と言われてきました。



言語化するために、ネットの辞書で調べてみました。(すみません、手元に国語辞典がなかったのです....)


  • 控え目で、つつましいこと。 へりくだって、すなおに相手の意見などを受け入れること。また、そのさま。(goo国語辞書)

  • ひかえめでつつましやかなさま。自分の能力・地位などにおごることなく,素直な態度で人に接するさま。(weblio辞書)


ふむふむ。


ここで引っかかりそうなのは、

「控えめで、つつましい」「へりくだる」


う〜ん、難しいところですね。

インターネットで調べても様々な解釈があります。


以下、その様々な解釈を読んだ私の、超個人的見解です。



私の理解する謙虚さとは。


「自分の分を知ること」

「素直なこと」

「感謝を忘れないこと」



謙虚と卑屈。


よく一緒に語られるこちらの言葉。何が違うのか?


自分にしっかり自信をもっているか否か、ということだと考えています。

例を挙げて、「すごい」と賞賛を受けた後、「いえいえ、私はまだまだです。」という時の心を考えてみます。

それぞれを分けて考えてみます。


* 謙虚な人は自分の程度を知っている。自分のできるところ、できないところ、知っていること知らないことも認めている。できるところ、知っていることには自信をもっている。

自分に自信のある(一部にしろ)。が、自分にまだまだできないところはいっぱいあるので、相手に敬意も抱いている。


* 卑屈な人は自分を知らない。自分に自信がない。

本気で、自分はダメだと思っている。自分を低くし、否定する。

(それが、結果的に、自分を本気で「すごい」と評価した相手に対する侮辱だと気づかない。)



たとえ、答えが同じ「いえいえ、私はまだまだです。」という言葉でも、乗った心にはこれだけの差があるのです。

(ちなみに、自分の利を求めて「謙虚さ」を偽ること=媚びへつらうです。論外です。)


謙虚の反対語としての傲慢。


謙虚さがいらないなら、反対としての傲慢さは許容されるのでしょうか?

自分の能力や、特に自分の生き方をもって商品としている人は、しばしば「傲慢」とのように言われます。

  • おごりたかぶって人を見くだすこと。また、そのさま。(goo国語辞書)

もちろん人を見下すことは論外なので、「驕る」ということに焦点を当てたいと思います。

  • 地位・権力・財産・才能などを誇って、思い上がった振る舞いをする。(goo国語辞書)


正直、これは人の受け取り方ではないかと思います。

特に自分の商品を自信をもってPRするという意味では、形をもったモノと一緒なのですが、それがなぜか「自分」や「目に見えない能力」だと驕っているように見られたりもします。


個人的には、


  • 自分を知り、自信のあるところは恐れずPRする。

  • もちろん、褒められたら「ありがとう!」「でも自分はまだまだだから」と、どんどん(その人からも)学ぼうとする。

  • 他の人の意見も必ず一度は受け入れる、咀嚼して必要かどうか判断する。

  • いつも周りに感謝を忘れない。


なんて、ある意味究極の「謙虚さ」だとも思います。


ただ、「控えめ、つつましやか」でないという理由で、受け入れない方もいるでしょうが....



「謙虚」とは微妙なバランスの上に成り立つもの。


調べてわかりましたが、「謙虚」は沢山の言葉「卑屈」「傲慢」「横柄」「遠慮」etc...と沢山の言葉と並べて語られています。

というのも、「謙虚」が心のあり方を示すものであり、なかなか説明しづらいものなのでしょう。


また、「謙虚」は「和」の国で育ったものです。

「個」が出てきた日本では、ずれが生じる部分もあるのかもしれません。


ブログで「謙虚さはいらない」と書かれている方は、【「和」の日本の「謙虚」】に少し違和感を感じてそう言っているのかもしれません。



それでもやはり「謙虚」は大事。


もし「控えめだ、つつましやかさ」ということに違和感を感じていても、その大元を考えれば納得できるもののはずです。

「自分の分を知ること」

「素直なこと」

「感謝を忘れないこと」

自分を知っているので、それ相応の振る舞いをしている。

自信を持つべきところはもっている。賞賛も受け止める。

できないこと、知らないことがいっぱいあると知っているので、素直に学ぶことをやめないし、誰しにも敬意を持ち接する。

自分一人だけでは何事もなしえないことを知っているから、感謝をする。


謙虚さは必要です。


表面的なものではなく、謙虚さということの心を考えればいい。

そうすれば、謙虚さが時代遅れでもなく、いらないわけもないことはわかるはずだと、思います。




Saki

【人生の転機?!】眠くて眠くてたまらない時は、寝るべき!

こんばんは、Sakiです。

今日の台湾はとってもいい天気だったので、ちょっと写真に撮ってみました♪

f:id:crscnt02:20160420034956j:plain



昨日は、電池が切れたように寝ていました。

夜中0時に寝て、9時起床、最低限のことだけして、11時半くらいから15時半さらに4時間寝てました。

合計13時間!!!


ということで、今日は眠気についてのお話。


突然ですが、みなさまは眠くて眠くてたまらない時、ないですか?

それも、睡眠時間は足りているはずなのに、寝ても寝足りないような感覚があるような感じの時です。

私は今まで2回、覚えている限りでは経験しました。

一回は大学生の時、留学する直前。

そして、二回目は今回台湾に来る前。

両方とも大きな節目の前です。


そう、眠くなるのは人生の大きな転機の前触れだそうです。


私が聞いたのは母親からだったのですが、本当は「オーラの泉」で有名な江原啓之さんの本で紹介されていたようです。



そもそも、寝ている間に魂だけがあちらの世界に行き作戦会議をしているとのこと?!

そのねむーい時は、転機に合わせて作戦会議の時間を多く取っているようです。

「春眠暁を覚えず」といいますが、春には転機が多いので、そういう方が多いのかもしれませんね。

ですから、今まだ眠いという方は、(仕事に支障の出ない程度に…)眠気に抗わず、寝た方がよさそうですね♪



これを書くにあたって、google検索をしていたのですが、尋常でない眠さの時は記録していると言う方がいらっしゃいました。

実際に転機の前触れだというのであれば、記録し変化を観察するのも面白いかもしれませんね。




あ、私が昨日眠かったのは、明らかに生活の不規則さと睡眠不足よるものです。笑





Saki